スマホ決済サービス「メルペイ」 京セラドーム大阪の売店や売り子販売へコード決済を提供

〜ドームや心斎橋でご利用いただけるキャンペーンも本日より開催〜

株式会社メルペイ(本社:東京都港区、代表取締役:青柳直樹)は、同社が運営する、フリマアプリ「メルカリ」のスマホ決済サービス「メルペイ」のコード決済を、2019年8月16日(金)より、株式会社大阪シティドーム(本社:大阪市西区、代表取締役社長:湊通夫)が運営する「京セラドーム大阪」の飲食売店や売り子販売で提供を開始いたしましたので、お知らせいたします。
※同日開催のオリックス対ロッテ戦より利用可能

■「京セラドーム大阪」で利用可能な飲食売店や売り子販売
 ドーム2階※1:ケンタッキーフライドチキン、パノラマドームレストラン アサヒ、杵屋、STAR DINER、CLUB STADIUM
 ドーム球場内※1:全ての場内飲食売店(飲食ワゴン販売は除く)
 売り子販売※2:ビール、チューハイ販売(ソフトドリンク、アイス等の売り子は除く)
※1:店鋪読み取り方式(CPM方式)でのお支払いとなります。「iD」でのお支払はできません。
※2:お客さま読み取り方式(MPM方式)でのお支払いとなります。

merpay_osaka_02.png

「京セラドーム大阪」の運営を行う株式会社大阪シティドームは、新たな顧客層の獲得、飲食売店や売り子販売における現金管理の煩雑さの解消、お客さまが集中した際の混雑緩和について、さまざまな施策を検討・実施してまいりました。今回、「メルカリ」「メルペイ」の月間約1,300万人の顧客基盤やそのお客さまの多くが既に売上金を保有していることに加え、キャッシュレス化により、かんたんに便利にお財布レスで多くのお客さまに野球観戦を楽しんでいただけることを期待し、導入することを決定いたしました。

なお、本日より、「京セラドーム大阪」と併せて、大阪市中央区心斎橋の「たこ焼き甲賀流本店」などでも「メルペイ」の提供を開始し、両場所で、おトクに「メルペイ」をご利用いただけるキャンペーンを開催いたします。

■キャンペーン実施概要

キャンペーン期間中に対象店で「メルペイ」を利用すると、期間中対象商品が200円引きになるなどの特典を受けられます。京セラドーム大阪での売り子販売や売店での利用も対象です。

キャンペーン期間: 8月16日(金)〜8月25日(日)
キャンペーン対象: 京セラドーム大阪の飲食売店や売り子販売
たこ焼き甲賀流本店
Ni7 Cafe&Sweets
キャンペーン内容: 「京セラドーム大阪」では、201円以上のお支払いの場合、お支払いの後日(9月3日までに)P200のポイントバック。ポイントバックは、決済の回数に関わらず期間中おひとり様1回のみです。
「たこ焼き甲賀流本店」「Ni7 Cafe&Sweets 」では、「メルペイ」のコード払いで各店舗、期間中201円以上のお支払いについて対象商品が200円引きになります。

詳細はキャンペーンページをご覧ください。 
https://jp-news.mercari.com/2019/08/16/merpay-osaka/

株式会社メルペイでは、今後も引き続き多くの事業者のキャッシュレス決済の導入を通じて、日本のキャッシュレスの普及促進に貢献してまいります。